オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ストレッチをする男性

薄毛は遺伝だから仕方がないと諦めてしまう人はいると思います。
遺伝的要素によって薄毛抜け毛が発生してしまうことは確かですが、だからと言って改善が見込めないわけではありません。
遺伝だからと諦めてしまわずに、対策を行うことで薄毛は改善が見込めるのです。

特に、男性型脱毛症であるAGAの場合には病院で治療ができるとして注目されています。
CMも放送されていますが、AGAは薬によって改善が見込める症状なのです。

早めに対策を始めることでより効果も出やすくなります。
抜け毛がひどくなってきた、薄毛が進行してきた・・という人は、一度病院で診断してもらってから対策を始めましょう。

AGAの特徴について

AGAの特徴について説明する前に、AGAとは男性ホルモンであるテストステロンに起因する男性型脱毛症という意味で使われている言葉です。
テストステロンは、体内でジヒドロテストステロンに変化するのですが、このジヒドロテストステロンが髪の毛の再生を行う毛根に作用すると、毛根の活性が失われてしまうのです。
こうなると、一度抜けてしまった髪の毛が、再び生えてくることがなくなり、次第に薄毛になって行くのです。
AGAの特徴として、額の生え際や頭頂部から薄毛が進行して行くことが多く、遺伝が大きく関与していることが知られています。
AGAによる抜け毛対策としては、ジヒドロテストステロンへの変化に関与している、5αリダクターゼという酵素を阻害するフィナステリドを有効成分とする医薬品を服用することで改善が見込まれます。
フィナステリド製剤は医薬品ですから、本来であれば、病院に行って診断を受け、処方してもらうことになります。
しかし最近では、個人の責任において海外から輸入することもできるようになりました。
さらに、フィナステリドのジェネリック医薬品であれば、先発医薬品に比べ、かなり安価に入手することが可能です。
病院に行って、AGAだと確定診断を受けた上で、抜け毛対策をするのであれば、長期戦になる訳ですから、治療にかかる費用を抑える意味で、インターネットを使った個人輸入でジェネリック医薬品を入手することも考えてみる価値があります。